FC2ブログ





妻に射精管理されているM夫の生活です。



プロフィール

kenjubes

Author:kenjubes
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長期間、射精の満足感を味合わせない
射精をさせてもらえると満足感は得られますが、精液を出してしまうと、妻への服従の気持ちが多少でも減少するのは、男のさがでしょうか。


妻への服従の気持ちは精液が溜まっているとMAXになるため、妻としてはその状態を維持したいようです。

しかし射精できないのは非常に辛く、健康への影響もあるため、
解決策を考えました。



それは

「少しだけイク」



そうです。
皆さんも経験があると思うのですが、
少しだけ精液が出てしまうことってありますよね。
その状態で射精を終えるのです。
もちろん肉体的にも精神的にも性欲はMAXのままです。

数日に一回のスパンで小出しをされることにより、妻への服従の気持ちが大きい状態で、
かつ、健康にも問題の無い状態が維持できます。
ちなみに小出しは気持ちよくありません。



基本は週に1、2回は完全射精させられますが、長期間完全射精を禁止される時はこの方法を取られます。



ちなみに少しだけ出た精液は全て私の口の中に戻され、全部飲まなければいけません。

男が精液を飲まされるのです。



昔は妻に飲ませたことがあるくせに、自分は絶対できませんでした。

しかし少しだけいった状態であると性欲はMAXのままなので、理性よりも妻に対する服従心が勝ります。

今では自分の汚い精液を出してしまったら、飲んで処理させられることに興奮を感じるようになってしまいました。

あくまでも「強引に飲ませられる」ことによって興奮してしまい飲んでしまうのですが。


妻も男に精液を飲ませることに興味があるようです。


妻「今日はちょっと出しておこうか」
この「ちょっと」が長期間射精禁止の合図です。
いつもなら「今日はこれでオナニーしなさい」で射精できるのですが。。。



次回は妻による射精のさせ方を記載します。

ついに本格的な貞操帯を・・・
色々工夫してきたCB6000ですが、それでも完全な常時装着は3日が限界でした。
(状態にもよりますが、適度に休みを入れないと厳しい)

妻も不満に思ってましたので、ついに本格的な貞操帯を購入することになりました。

CB6000は出張などで飛行機を使う際に短期間用に使用することになりました。
(金属探知機で鳴らないプラスチックキーがあるため、、、、どこに行っても勃起や射精の自由はありません)



今回購入したのはステンレスでできた国産の某有名貞操帯です。
守秘義務があるので詳細はお話できませんが、長期着用に非常に長けているものです。
何でも洗浄以外は何ヶ月でもつけることが可能です。
(2週に1、2回は少しでも精子を出しておかないと前立腺がん可能性が上がるそう)
処理済~20130103_230043
このガチガチの絶対に外れない貞操帯をつけさせられて日常生活を送るなんて、
本当に身も心も妻の所有物になれる喜びと、もはやチンポは妻のものであり、
絶対服従という惨めさに身体が熱くなります。




普段はこの貞操帯に女性用のパンティーをはかされてます。
妻からは、チンポが無いのでパンティーがお似合いとはかされました。
変換 ~ 20130103_230205

変換 ~ 20130106_230508

トイレではまるで女の子のようにパンティーを脱いで、股の下からおしっこを出します。
股をティッシュで拭いてると本当に女の子みたいで、その度にマゾの気持ちにさせられます。



ちなみにオシッコはこのいくつかの小さい穴から出ます。
女の子のオシッコのように下にシャーっと出ます。
変換 ~ 20130103_225938



横から見るとこんな感じです。(前方に出るように強調してますが、普段はもう少し下向きになります)
普段はスーツで分かりません。
変換 ~ 20130103_230059





この貞操帯は外部からのチンポへの刺激はまったく無く、
エッチな気持ちになっても中で小さく勃起するだけで、
触りたくても絶対に触れない・・・
触っても感触が全く無いので、「悶絶」した後にむなしく諦めるしかありません。





ツルツルの毛を生えることを禁止されたチンポに、
絶対服従の気持ちにさせられる貞操帯をつけ、
女性用のパンティーをはかされて、
妻のためだけに忠誠を誓い、
日々妻にご奉仕し、
たまにお許しが頂ける射精を楽しみに生きていけて心から幸せです。

CB6000 装着の工夫2
前回CB6000の装着を快適なものにするために、縦に割ったチューブを巻く方法を記事にしましたが、最近更なる快適な方法が分かったので皆様にお知らせします。


多少弾力性のあるシリコン製チューブ(内径17mmくらい10センチ)を、回転させながらかぶせていきます。





ガッシリとしてずれません!
弾力性があるので装着感もアップです。



これで10cm157円です♪(ホームセンター)
今まで玉の裏側が痛くなった方、是非お試しください。


リングサイズは、ちょっと大きいかなというサイズを選んだ方が良い思います。

微妙なサイズ調整は粗めの紙ヤスリでサイズダウンし、細かい紙ヤスリで整えると良いと思います。

妻のおもちゃ
妻におもちゃにしていただきました。


妻は、特に縛り方を知っていた訳ではないので、見様見真似で縛ってますが、私は赤いロープで勃起してしまったチンポを縛られ、先っちょからマゾ汁を垂れ流しています。




また、こんな姿にさせられて、さらに写真を撮られて勃起する「ドMチンポ」ということを自覚するために、妻にマーキングもしていただきました。




この後、妻のまだ洗っていないオマンコを丁寧に奉仕し、妻の体をマッサージして一緒に寝かしていただきました。


今日も妻のオモチャになれて幸せです。
妻にはもっともっと気持ちよくなって欲しいです。

ぺニスは妻のもの
私のぺニスや体は妻の所有物です。
妻が好きなときに好きなように使えるオモチャでもあります。


時には妻の所有物ということを改めて実感させて「躾る」ために、また妻への「忠誠心」の開発のためにぺニスにマーキングされます。



油性のマジックで、犬、奴隷、変態、公衆便所、ドM、マゾチンポ、色々書かれて何枚も写真を撮られます。


昨日は精液がたまっている使えないチンポに「ミルキングして下さい」と書かれてしまいました。


その度に私のぺニスは濡れてしまい、先っちょから汁が出てしまいます。


妻はチンポの先から出た汁は、必ずすくって私に飲ませます。
いやらしい汚い汁は私がその口で処理するように躾られてます。



私の恥ずかしい写真は数えきれないほど妻に撮られています。
妻のオモチャになれた思い出が沢山できて幸せです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。